| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おかみさん隔離

久々の更新でしょうか…
ここの所、事件が立て続けに起こって超忙しくしてましたの。

まずは事件1おかみさんが病気に!!!

8/23(日) なんか元気が無い?地べたに座り込む…(どうした?)

8/24(月) 食欲無し…(ちょっとどうしたの?)

8/25(火) 食欲無し、元気無し、超緑色の下痢ピー (これはヤバいかもっ(・_・;)

ネットで症状を検索すると、ニューカッスル病だのコクシジウムだのの怖い伝染病の名前が…
これはマジヤバいかもです!!!

病気なの 

ニワトリなんか診てくれるのかしらと思いつつ、とにかく病院へ電話で相談。

案の定、1件目は「ニワトリはちょっと…」との事 (だよね~。。。)

2件目はたしか、診療動物に小鳥ってあったような。
「ニワトリなんですが、診てもらえますか?」
「迷い鳥じゃないですよね。」 (トリインフル警戒してます)
「家で飼っている鶏です」
「じゃぁ連れて来て下さい。」(よかったー!)

病院にて…

「どれどれ、…(聴診中)…チョット熱っぽいかな、鶏は気管支が弱いから…」(下痢ですが…)
「あのぉ、緑色の下痢がひどいんですけど…」
「あ~、ホントベッタリだね~とりあえず、抗生剤飲ませて様子みて下さい。」 (えっ、検便しないの?)

「隔離はしなくても大丈夫ですか?4羽いるんですが」
「大丈夫です。じゃ、お大事に。お薬、頑張って朝晩ちゃんと飲ませてくださいネ。」
「はぁ…頑張ります…お世話様でした。」
(検便しなくて、ホントに大丈夫なの?…検温しなくて熱っぽいって解るの?…超名医?)

「お会計¥3500です」 (高っ!聴診器あてて薬出しただけやん…)診察券
診察券まで作ってくれました。「おかみさんちゃん」ってどうなの…

愛玩動物における獣医療、
ニワトリちゃんの扱いなんてこんなものらしいです…

やっぱり心配なので一応、玄関に隔離しました。
(朝晩の投薬もあるので鶏小屋は無理っ!)

出された薬はスポイト付きの液体。1週間分。
クチバシの横からタラタラ垂らすようにすると、うまく飲ませられるから…との指導
どれどれ、タラタラ…半分はこぼれてるような…むずかしぃなぁ
一回分を飲ませるのに、騙し騙しで一時間もかかってしまった…トホホ朝晩だよ

衣装ケースで隔離。狭いけどガマンしてね…
食欲無いの 

投薬3日目ぐらいから回復の兆し!尾っぽが上を向いて元気が出てきた。
薬はもうイヤって暴れて大変…あちゃちゃ治ったから 

投薬5日目、下痢もすっかり治まって食欲もほぼいい感じ。

他の鶏は元気なままだし、心配した伝染病じゃなくてホント良かった。

のこりの投薬して、隔離解除としましょうか…

やっとゆっくりできるかな…

 

と思った8月31日、朝。台風の影響で外は嵐、大雨。

投薬の為玄関へ……床下に何か居る!……ニャーニャーニャー

猫だ……ネコ。

事件2 「ネコさん隔離の巻」………次回へつづく

 

よかったね 
ジャックはもち元気です!

今日は鶏さんネタだけど…
よろしかったらポチっとお願いしまふ

にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| とうちゃん一家 | 03:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とうちゃんハーレム  





そういえば、
我が家の門番達の紹介がまだでした。

我が家には四羽の烏骨鶏がいます。
写真上から、
「とうちゃん」♂ハーレムのボス
「女将さん」♀第1夫人
「ヒナ」♀第2夫人
「ベリー」♀第3夫人


当初、鶏は家畜であって、ペットとしては考えてませんでした。が…

飼ってびっくり、人に良くなつき、人と同じような感情を持っています。
もしかすると、犬や猫よりも人に近いんじゃないかっていうくらい、本当に感情豊かです。

特にオスの「とうちゃん」は見事にハーレムをまとめます。人間以上の愛情深い男です。

♀に対する愛情は素晴らしく、全てレディーファースト。

大好物のバッタ等の虫を捕まえても、自分は我慢してメス達を呼び、与えます。
とうちゃんは女将さんが大好きなので、一番最初にプレゼントします。

とうちゃんのご寵愛加減で、メス達の序列がたまに変わります。
第1夫人は寝床も一番奥の安全でフカフカな場所。勿論とうちゃんの隣で(-.-)zzZ

一番若いベリーちゃんは、とうちゃんが大好き。
ベリーちゃんに、大人のご飯や草の食べ方を教えたのもとうちゃんです。
とうちゃんの後を無邪気にくっついて歩くので、女将さんがやきもちを焼きます。

八つ当たりでつつかれても、とうちゃんは怒ったり、遣り返したりなんてしません。


烏骨鶏は、年間50個位しか卵を産みません。

可愛い鶏達が産んだ卵を食べる。
という事は何とも不思議な気持ちです。
タマゴかけご飯にしても、茶碗にくっついた汁さえもったいない、無駄にはできないと思ってしまいます。

人生の中で、食べ物をこんなに大切に思った事、無かったんじゃないかナ?
本当、命を食べると云う事を、直に感じられます。

昔は、それが当たり前だったんだよねぇ…


ペットをお考えの方、是非、鶏をお勧めします。
騙されたと思って飼ってみてください。
虜になりますよ~

| とうちゃん一家 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。